このソリューションをシェア

UHDテレビ

広色域、HDR、高いフレームレートを備えたUHDは、豊かな色と明るいハイライト、細かな陰影、そして動きも鮮明な高解像度により、リアルな没入型映像体験をお届けします。ARRISは、トランスコーディング、ビデオ処理、加入者宅内機器を網羅するソリューションによってサービスプロバイダーのUHD配信を支援します。

UHD - UHD体験をシームレスに提供

広色域、ハイダイナミックレンジ (HDR)、高いフレームレートを備え、解像度、カラー、コントラスト、モーションのダイナミクスが飛躍的に向上したUltraHDビデオは、コンシューマーが求める没入感の高いリアルなテレビ体験を提供します。この新技術の登場に伴う市場の動きはいち早く、より多くのUHDコンテンツが制作、配信され、店頭に並ぶ4K HDRテレビも増えています。この急速な広まりを受け、多くのビデオサービスプロバイダーがUHDサービスの立ち上げに向けて、ネットワークやCPE、オペレーションシステムのプランニングと導入を進めています。

ARRISは、徐々に導入し需要に応じて拡張可能な段階的進化戦略と革新的な技術により、サービスプロバイダーのUHDへのシームレスな移行を支援します。サービスプロバイダーが試運転を経て効率性と信頼性の高いライブおよびオンデマンドのマルチチャネルUHDサービスへと展開していけるよう、プログラマー向け4Kコンテンツ配信やビデオ処理、エンコーディング、ネットワークインフラ、そしてCPEに至るまで、ARRISは最適な技術と専門知識を組み合わせて活用しています。

関連情報

60年にわたり、ビデオソリューションのリーダー的ポジションにあるARRISは、大きな技術変化も経験してきました。当社はデジタルテレビを開発し、SDからHDへの移行において業界を導いてきました。その時に学んだことの多くを、UHDへの移行にも活かしています。

UHDおよびHDRの規格開発に主要参加企業として携わり、インジェストからCPEまでのインフラのサプライヤーでもあるARRISは、UHD導入におけるエンドツーエンドの関係を理解しているとともに、サービスの優先事項を支えるカスタム導入戦略によってサービスプロバイダーを導き、支援しています。導入までの道のりはそれぞれ異なりますが、当社はお客様が下記のような重要な選択をされる際にその道案内役としてお手伝いいたします。

  • プログラマー/放送局が4K UHDでコンテンツを配信できるようにするIRD。
  • HEVC圧縮技術をコスト効率よく導入できるME-7000モジュラー式エンコーダは、4K UHDライブTVの24チャネルをHEVCへ、すべて1 RUでトランスコードすることにより、ラックスペースや電力、空調設備の節約を可能にします。
  • UHDコンテンツに十分なネットワーク帯域幅の確保。
  • 洗練されたビデオ品質と帯域幅管理の手法によりビデオ配信を最適化。
  • UHDに向けた柔軟な完全IPビデオ(アダプティブ・ビット・レート、ABR)配信モデルへの移行。
  • ソフトウェア・プラットフォームやユーザーインターフェースの幅広い選択肢を提供するUHD / HDRセットトップボックスのポートフォリオ。
  • ARRIS HomeAssure Wifiコネクテッド・ホーム・ソリューションによるUHDビデオ配信に向けたWiFiの最適化。
豊富なビデオ配信の実績を活かしたUltraHD

関連情報

ARRISは、複数のライブTVチャネルを含むUHDサービスを素早く簡単に導入するための製品やサービスを提供しています。

UHDを家庭へ

ARRISのUHD対応セットトップボックス製品群を使用すれば、UHDビデオの主な要素である高フレームレートや広色域、ハイダイナミックレンジ(HDR)といった体験を消費者に提供することができます。また当社製品は、HDR10、HLG、Dolby Vision™などの一般的なHDR規格に対応しています。

ARRIS HomeAssureワイヤレス・コネクテッドホーム・ソリューションは、自宅のいたるところでプレミアムUHDチャネルをWiFi接続セットトップボックスへ確実に配信する、堅牢かつ高性能なWiFi機能を提供します。

ネットワーク帯域幅を最適化

高効率ビデオ圧縮 (HEVC) と高密度IPの統計的多重化が、50%の帯域幅使用率増を実現します。これらの技術は、UHDコンテンツの効率的な配信の重要な基盤となり、帯域幅使用率を50%向上します。すべてのARRIS UHDセットトップボックスはHEVCデコードに対応しています。

UHDを家庭へ

トランスコーディングの進化

ARRISでは柔軟なモジュール型のトランスコーディング・ハードウェア・ソリューションを提供しています。ME-7000エンコーダ/トランスコーダは、1 RUのラックスペースで、HEVCのライブUHD TVの24チャネルをトランスコードすることができます。 また、ソフトウェアのみを使用するトランスコーダよりも電力と空調設備を節約でき、同時にビデオヘッドエンドの省スペース化と大幅なOPEXの削減を実現します。

UHDでの効率的なコンテンツ配信

プログラマー、放送局、コンテンツ所有者は、ひとつのUHDバージョンを利用し、DSR-7400シリーズの統合型レシーバ・デコーダ(IRD)でサービスプロバイダーのヘッドエンドでHDおよびSDにトランスコードすることによって、コンテンツ配信を最適化できます。 また、HLS形式のHDRコンテンツを標準ダイナミックレンジに変換することができます。

関連情報

ケヴィン・ウィリックは、ビデオサービス事業者やコンテンツプログラマー向けに、ビデオの圧縮や処理およびインタラクティブなビデオネットワークに関する製品やサービスを主に提供するARRISビデオネットワーク事業のプロダクトマーケティングを指揮しています。お客様の将来のニーズを分析し、ARRISの製品やソリューションをうまく活用してビジネスを成功に導く製品戦略およびプログラムを開発しています。

前職ではモトローラのIPセットトップボックス製品部門でバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務め、同社のIPTV事業の全体的な取り組みを担当するプロダクトマーケティングを指揮しました。

ビデオ圧縮およびネットワーキング技術について幅広い業務を担当した経験があり、この分野でいくつかの特許を取得しています。

ケヴィンは南カリフォルニア大学でMSEEの学位を、ブラッドリー大学でBSEEの学位をそれぞれ取得しています。

ケヴィン・ウィリック - ARRIS

関連情報

ソリューション製品

DSR-7400 HDシリーズ商用統合型超高密度トランスコーダ
DSR-7400 HDシリーズ商用統合型超高密度トランスコーダ
HEVCおよびMPEG-4、4kサテライトトランスコーダ
ME-7000コンバージド圧縮プラットフォーム
ME-7000コンバージド圧縮プラットフォーム
高密度モジュラー・マルチビデオフォーマット・エンコーダ、 トランスコーダ...
Android TV™向けビデオ・デバイス・ポートフォリオ
Android TV™向けビデオ・デバイス・ポートフォリオ
Android TV Operator Tierのセットトップボックス・ソリューション
VIP5305小型UHD IPセットトップボックス
VIP5305小型UHD IPセットトップボックス
IPTV、HEVC、UHDセットトップボックス(オプションで802.11ac WiFi搭載可)
VIP5602 UHD Mediaroom®セットトップボックス
VIP5602 UHD Mediaroom®セットトップボックス
IP、HEVC、ウルトラHDセットトップボックス(802.11ac WiFi搭載)