ARRIS:ブロードバンド・ワールド・フォーラム2016

トピック:ギガビットを家庭で実現

ブロードバンド・ワールド・フォーラム2016では、ARRISがヨーロッパにおけるギガビット・サービスの未来をテーマに朝食を取りながら活発な議論を交わすパネルディスカッション「ギガビット・ホーム、オーケストレータ、あるいはコンダクタ」を主催します。家全体が接続されるコネクテッド・エクスペリエンスをいかにして提供するかが、純利益の成長と顧客維持の鍵です。 

ヨーロッパの大手事業者から、ギガビット・ホーム設計の第一人者を一堂に集め、商業上および技術上の課題と、業界に訪れるチャンスについて話し合います。ひとつ確かなことは、加入者の大多数はサービス配信技術には関心を示さないまでも、サービスの品質に対しては計り知れない期待を寄せているということです。

当フォーラムに参加できなかった方のために、一連の360oビデオを配信しています。イベント直後のパネリストも交えてお届けします。右側の一連のビデオハイライトには、会場直送の有意義な情報が満載です。当ビデオの内容を存分に楽しむために、全画面表示で視聴することをお勧めします。

ARRIS:BBWF 2016

ブロードバンド・ワールド・フォーラムで、全体的なIoTの未来像を考察
イアン・ウィーロック氏(エンジニアリング部特別研究員)による「現在と未来のゲートウェイ・デバイスを活用して、細分化されたスマートホームのジレンマを統合」ブロードバンド・ワールド・フォーラムのコネクテッド・コンシューマー・ストリームより

詳細はこちら

スマートホーム・サービスを大量市場向けに
Videonetによる分析

詳細はこちら

ARRISはスマートホームのジレンマを解消できるか?
家庭で高度なサービスやIoTサービスを受けるために、既存のホームゲートウェイを実現のカギとして使う方法。

詳細はこちら

詳細はこちら   
 

コンシューマーの家庭IT環境はギガビットスピードに対応しているか

ギガビット時代に事業者が生き延びるための方法

事業者によるギガビットサービスを収益化する方法

ギガビット世界での仮想化

}