ServAssure®アラーム・セントラル
この製品をシェア ARRIS Facebook Twitterロゴ

ServAssure®アラーム・セントラル

積極的なネットワーク管理で、優れた顧客体験を提供します

製品概要

ARRISの受信ネットワーク管理製品により、エンドツーエンドでサービス配信環境全体を可視化することができ、顧客体験に影響するほぼすべての問題に迅速に対処し、加入者に影響が及ぶ前に問題を食い止めることができます。

仕組み

ARRISの受信ネットワーク管理ソリューションは、高性能ソフトウェアとブロードバンドおよびビデオサービス配信に関する当社の深い専門知識とを組み合わせ、サービスプロバイダーがパフォーマンスの問題を防ぎ、解決するために、データの力を十分に活用できるようサポートします。まず、お客様のネットワーク、フィールドサービス、加入者に関する重要なパフォーマンス情報を収集し、一元管理して組織やアプリケーションが利用できるようにします。そしてより詳しい解析のために人工知能プラットフォームを提供し、DOCSIS®ネットワーク条件とサービスの質に関する主要な洞察を利用できるようにして、正当な意思決定や賢明な投資に役立てます。

ARRISの受信ネットワーク管理の製品ポートフォリオには次のようなものがあります。

  • ServAssure®アラーム・セントラル - 既存もしくは起こり得るサービス障害を自動的に特定し、優先順位付けを行います。
  • ServAssure®アドバンスト - DOCSISネットワーク監視とパフォーマンス管理
  • ServAssure® NXT - DOCSIS3.1ネットワークとデバイスのサポートから始まる次世代のServAssureプラットフォーム

ServAssureアラーム・セントラルでは、ケーブルネットワークの要素を監視することで、すでに存在するサービス障害やこれから発生する恐れのあるサービス障害の特定および優先順位付けを自動的に行います。障害の原因は地域など詳細なデータとともに示され、顧客体験の大幅な改善につながります。高度な相関関係付けと分析を行うアラーム・セントラルにより障害を事前に検出して解決する環境ができあがり、事業者は最も重要な課題に集中できます。積極的にネットワークを管理すると、加入者がサービスの問題に気づくことが少なくなります。

  • 事前にサービスの劣化を検出する
  • サービスの問題の発生箇所を特定
  • 関連イベントを一般的な原因に相関させて、時間と労力の浪費を回避
  • サービスの状態を地域別に可視化
  • 時間をさかのぼってネットワークを検証
  • レポート、グラフ、マッピングツールを利用して問題を解決
  • DOCSIS 1.x、2.x、3.0、ICCAP内の3.1デバイス、そして分散型アーキテクチャ環境を監視

         


ServAssure®アラーム・セントラルの詳細

ServAssureアラーム・セントラルのアプリケーションにより、プラントメンテナンスと障害に取り組むチームが体系的かつ再現可能な方法で作業を遂行でき、サービスが予測可能になりビジネスの成功につながります。  高度な相関関係付けと分析を行うアラーム・セントラルにより障害を事前に検出して解決する環境ができあがり、事業者は最も重要な課題に集中できます。  加入者がサービスの問題に気づくことも少なくなります。    その実現のために、アラーム・セントラルは機能停止マネージャー、プロアクティブマネージャー、そして仮想スペクトラム分析の3つのモジュールから構成されます。

ソリューションのコンポーネント

アラーム・セントラル - 機能停止マネージャーは、DOCSIS®デバイスステータスとHFCネットワークトポロジーを使用して、HFCプラントのサービス停止を相関させます。  このモジュールの目的は、サービス停止をできるだけ早く検出し、根本原因と障害の箇所を突き止め、プラントメンテナンス・チームに告知して障害を解決することです。   ルールに従い、小規模な停止、軽微な障害エリア、長期にわたり持続しない問題、ケーブル・プラント・トポロジーの諸部分との相関、そして集合住宅/ビルに関わる特別な状況などがフィルターされます。

アラーム・セントラル - プロアクティブマネージャーは、オペレーターがサービス障害や傾向を事前に検知できるようにし、障害が発生する前に解決を図ります。  複雑な相関分析は、加入者のデバイスのテレメトリーに対して行われます。等化前のDOCSISデータを主要業績評価指標(KPI:Key Performance Indicator)として自在に利用し、分析エンジンはその他のKPI(CER、SNR、FEC、スペクトル感度、チャネル周波数)や、実証済みの高周波(RF)トラブルシューティングのテクニックを利用して、障害の原因を突き止めます。

アラーム・セントラル - 仮想スペクトラムは、ケーブル事業者に信号のパフォーマンスを検査し、技術者を派遣することなくDOCSIS 3.1導入の体制を整える簡単な方法を提供します。  CMをテストポイントとして使い、デバイスをクリックするだけでセッションを開始することができます。  最大1.8 GHzスペクトラムの完全な可視性により、事業者は加入者宅で断続雑音を見つけ、特定のノード・バスの分岐点から障害を分離し、あるいはロールオフ/チルト、LTE干渉、および隣接性といった問題を素早く検知することができます。  事業者はピークホールド、スペクトラム・ズームなどの高度な機能と、複数のCMを同時に閲覧できる機能を持つ高価値のインターフェースを活用することで、時間とコストを節約することができます。

ARRISは、オペレーションを合理化しながら、サービスプロバイダーがユーザー体験を向上できるよう支援する、イノベーションを採用したソフトウェアのフルスイートを提供します。

ARRISはサービスプロバイダーのオペレーションとデータに関して培った独自の知識に基き、ロバストなソフトウェアソリューションのラインナップを開発しました。加入者のエクスペリエンスに影響を与え、運用効率を損なう可能性がある重要な要因をエンドツーエンドで管理できるようになります。ARRISのソフトウェアソリューションにより、サービスプロバイダーはバックオフィスやフィールドサービス、ネットワーク、加入者宅内から十分な量のデータを収集、集積、分析して、悩みの種でありコスト増につながるパフォーマンス上の問題を容易に検出し、診断して事前に回避することさえできます。その結果、顧客満足が得られるだけでなく、コールセンターから現場に至るまで、オペレーションの効率アップが図れます。

弊社がお手伝いできること

  • カスタマーサービスへの問い合わせ件数の低減
  • 顧客に影響するプラント関連の問題を未然に解決
  • 技術者の出張 サービス件数の削減
  • オンタイムのパフォーマンスと技術者訪問の質の向上

弊社の仕事の進め方

ARRISは、ソフトウェアソリューションができる限り質の高いものとなるよう、開発オペレーション(DevOps)のアプローチを活用しながら、新しい機能や性能の投入までの時間を短縮しています。製品開発のライフサイクルを通じて常にコミュニケーションを欠かさない環境を培うことにより、DevOps チームは問題を迅速に特定、緩和、診断、克服するための支援を行うとともに、現場での故障率を大きく低減させ、顧客への影響を最小限にとどめます。このアプローチの一端として、さらに弊社のマネージド・リリース・プロセスによって、一貫して新機能を導入し、開発プロセス中に顧客からのフィードバックをソリューションに盛り込むことができるよう、実装前に実環境のもとで弊社のソフトウェアの厳格な試験を実施しています。

ARRIS グローバルサービス

サービスプロバイダーから信頼されるパートナーとして、エキスパートによるライフサイクルサービスを提供し、エンターテイメントとコミュニケーションの配信方法の進化をサポートします。ARRISグローバルサービスは、世界40か国以上に850人以上の技術専門家を擁し、サービスプロバイダーがスムーズなマーケット進出、運用コストの削減、事業の最適化、そして高いサービス可用性を実現できるよう支援します。弊社は、データおよびビデオのアプリケーションとインフラ、そしてコンシューマーエクスペリエンスを専門としています。計画、設計、導入、運用の統合ソリューションをサポートするライフサイクルサービスを、ARRISとその他企業の製品向けにご提供しています。

関連製品

ServAssure®高度パフォーマンス管理
ServAssure®高度パフォーマンス管理
DOCSIS®ネットワーク監視とパフォーマンス管理