インフォグラフィック

最新の市場動向と実際に活用されている当社のソリューションを、画像ベースのコンテンツを利用して分かりやすくスピーディに、そのインサイトを説明します。
インフォグラフィック
ハイブリッドPONアーキテクチャ:FTTH変革の新しい選択肢

このARRISインフォグラフィックでは、全ファイバー型の未来に向けた足掛かりとしてDOCSIS 3.1とPONを共存させ、前進させる新規アーキテクチャ導入への道のりをまとめてあります。

インフォグラフィック
コスト効率に優れた高パフォーマンスなMDU WiFiの導入

このインフォグラフィックでは、MDU環境にWiFiを導入する際のユニークな課題についてARRISが詳述します。積極的な計画を少し立てるだけで、コスト削減やパフォーマンで測定可能な大きな効果を出せる方法についても取り上げます。 

インフォグラフィック
24x7x365リニアビデオの固有の要件

このARRISインフォグラフィックでは、ハードウェアとソフトウェアのアーキテクチャが、ユニークなリニアビデオのトランスコーディングの要件を満たす方法を比較し、ずば抜けて優れたものを提案します。

インフォグラフィック
アリーナにWiFiを導入

このARRISインフォグラフィックでは、アリーナ環境にWiFiを導入する際のユニークな課題を検討し、サービスプロバイダーがそれを乗り越えるための戦略的アプローチを提案します。

インフォグラフィック
進化するコネクテッドホーム:その道のり

このインフォグラフィックでは、コネクテッドホームに関連する絶好のチャンスに焦点を当て、サービスプロバイダーが今後の動きを計画するにあたって必要なことを説明します。

インフォグラフィック
DOCSIS 3.1 - ブロードバンドのメリットにおける新時代

このインフォグラフィックでは、DOCSIS 3.1に伴う課題や機会を検討し、サービスプロバイダーがこの新しい仕様に対応するうえで役に立つ統計を提供します。

インフォグラフィック
ハイダイナミックレンジ - UHDの次の段階に備える

このインフォグラフィックでは、UHDの驚くほど没入的なビデオ体験への道のりにおいて、HDRが次のステップとしてどのように浮上しているのか検証します。また、それを実現するうえでカギとなるARRISのテクノロジーについても考察します。

インフォグラフィック
高密度進化:ARRIS PODアプローチ

PODインフォグラフィック

ARRISでは、サービスプロバイダーがアーキテクチャや運用を進化させるのに役立つPOD手法を考案しました。ARRISのプロフェッショナルサービスの専門知識を活用したこのアプローチは、サービスプロバイダーが、非常に複雑なカスタムソリューションを企画、設計、構築、試験、導入するのに役立つよう作られています。

インフォグラフィック
ARRISアラーム・セントラル:HFCネットワークサービス品質向上の手段

アラーム・セントラルは、HFCネットワーク全体のサービス配信チェーンをエンドツーエンドで可視化することで、顧客満足度の新たな面を見出し、改善に役立てます。

インフォグラフィック
リニアビデオ配信用ハイブリッドソフトウェア-ハードウェアトランスコーディング

サービスプロバイダーには、ネットワークの処理能力を超えずに、一流のユーザー体感品質(QoE)をコスト効率よく提供する責務があります。このソリューションスポットライトでは、ハードウェアベースの圧縮を活用しつつ、柔軟性と市場投入までの時間の短縮にソフトウェアシステムの能力を利用して、両方のメリットを享受するME-7000について掘り下げます。

インフォグラフィック
ARRIS HomeAssureを用いた住宅全体のWiFiパフォーマンス管理

ARRIS HomeAssureを用いた住宅全体のWiFiパフォーマンス管理についてのサムネイル画像

ARRIS HomeAssureは、家庭用のシームレスでユビキタスなWiFiソリューションです。エンドツーエンドのソリューションとしてのARRIS HomeAssureは、その包括的で、カスタマイズ可能なクラウド対応のアプローチによって、導入時間を短縮するとともに、ネットワーク管理を簡素化します。「拡大、制御、管理」戦略により、サービスプロバイダーの顧客が、住宅全体で高速かつ信頼性の高いWiFiを利用できるようARRISは支援します。

インフォグラフィック
ネットワーク監査および評価サービス

DOCSIS® 3.1の採用を検討しているサービスプロバイダーが最初に直面する大きな問題は、現在のシステムと技術がDOCSIS® 3.1に対応しているかどうかの評価です。ARRISのネットワーク監査および評価サービスではネットワークを6つの重要な領域において評価し、DOCSIS 3.1への準備ができている領域、若干の変更が必要な領域、大幅な刷新が必要な領域がどれかをそれぞれ解説したスコアカードをサービスプロバイダーにご提供します。この情報があれば、サービスプロバイダーは効果的かつ効率的にDOCSIS 3.1の導入を進めることができます。

最新製品

FLMファイバーリンク・モジュール
FLMファイバーリンク・モジュール
集中型アクセスネットワークにおけるOpti Max™ファイバー・ノード...
ICX IPスイッチ
ICX IPスイッチ
柔軟で拡張可能な固定フォームファクタIPスイッチ
OSP光パッシブ
OSP光パッシブ
結合器、分配器、フィルタ、マルチプレクサ/デマルチプレクサ、および光アク…