E6000アドバンスト・トラブルシューティング・スイート

自分のペースで学習を進めたい、より高度なトレーニング、より実践的な内容を学びたいという声に、 Arrisがお応えします。

ARRISでは、新しいE6000 CER アドバンスト・トラブルシューティング・トレーニング・スイートを提供しています。時間を有効に使えるようにeラーニングと実践型トレーニングを組み合わせたこの独自のスイートでは、実環境での問題に対応できるようになるための専門知識をARRIS E6000上で習得します。このプログラムでは、4つのオンラインコース、そしてトラブルシューティングに関する実践的なセッションを提供しています。このセッションは弊社のトレーニングラボ内で実環境のシナリオに沿って問題を解決するトレーニングを行います。

スイートの内容:

  • E6D301:E6000 CER ケーブルモデムの登録
  • E6D302: E6000 CER サービス盗用の防止
  • E6D303:E6000 CER RF障害
  • E6D304:E6000 CER トラブルシューティング 容量と帯域幅
  • E6000 CER アドバンスト・トラブルシューティング・キャプストーン 講師指導型トレーニング

詳細およびご注文については、ARRISアカデミーをご覧ください。

E6D301:E6000 CER ケーブルモデムの登録
TRN-E6D301-005
$250
このeラーニングコースでは、ケーブルモデムを登録するためのプロセスと、 DOCSISケーブルモデム1.x、2.0、3.0の各バージョンの機能的な違い、また領域、登録、ケーブルモデムのリセットに関する潜在的な問題点を正確に見つけ出す方法について学びます。また、DOCSIS 3.1との相違点についても触れます。

E6D302: E6000 CER サービス盗用の防止
TRN-E6D302-005
$250
このeラーニングコースでは、モデムのクローニング、またはモデムの有効な設定ファイルの再使用など、CATVネットワークで起こり得る典型的なサービス盗用の方法を解説します。本コースでは、ケーブルネットワークにおける上記のような、またはその他のタイプの盗用を防止するために、E6000 CERの機能を使ってどのような設定ができるのかを検証します。このコースではDOCSISに関する問題のみを扱います。

E6D303:E6000 CER RF障害
TRN-E6D303-005
$250
このeラーニングコースでは、ノイズやゆがみ、電力に関する問題など、CATVネットワークで発生する一般的なRF障害について学びます。本コースでは、これらの障害について、またそれがE6000 CERでどのように報告され、評価されるかを検証し、緩和方法について解説します。このコースではDOCSISに関する問題のみを扱います。

E6D304:E6000 CER トラブルシューティング 容量と帯域幅
TRN-E6D304-005
$250
このeラーニングコースでは、CATVネットワークで発生するあらゆるタイプの容量や帯域幅に関する問題について解説します。本コースでは、障害のあるアップストリームおよびダウンストリームのトラフィックなどの問題の特定および解決に役立てることができるE6000 CERのツールを検証します。このコースではDOCSISに関する問題のみを扱います。

E6D305:E6000 CER アドバンスト・トラブルシューティング・キャプストーン 講師指導型トレーニング
TRN-E6D305-001
$2475(1人あたり)
このコースでは、トラブルシューティングのタスクに注目するために徹底したアクティビティとケーススタディを扱うことにより、ケーブルモデムの登録やサービス盗用の防止、RF障害、そして容量および帯域幅の問題に対するトラブルシューティングで考察したコンセプトの理解を深めます。