SCTE-ISBEケーブル-テック・エキスポ

SCTE•ISBE Cable-Tec Expo®は、毎年開催される産業エンジニアリグ展示会であり、数千人に上る来場者は最新のケーブル技術、製品、サービスをコスト効率の高いセッティングで直に体験したり、知識を仕入れることができます。Cable-Tec Expo®は、ソートリーダーシップ、エンジニアリング・イノベーション、商談の要素を組み合わせた優れた場として有名であり、ブロードバンド通信の技術的な未来に活力を与えます。

イベントの詳細

  • 9月30日 - 10月3日
  • アーネストN.モリアルコンベンションセンター
  • ルイジアナ州ニューオーリンズ
  • ブース番号:961
  • expo.scte.org

展示会ブース講演者

ぜひご登録ください

会場にお越しの際は、コムスコープとARRISが描く未来のネットワークをぜひ実際にご覧ください。 当社のゲストとしてなら参加は無料です。今すぐご登録ください。

主な内容

10Gへの道

ブロードバンドネットワークが進化を続けるにつれて、帯域幅の需要も高まる一方です。  ネットワーク事業者は、それぞれのブロードバンドネットワークを進化させるうえで数多くの課題に直面しています。  アクセスネットワーク エボリューションフレームワークは、それらのブロードバンドアクセスネットワークを展開および管理するための複数のブロードバンドアーキテクチャを提供します。  

詳細を読む | セールス担当者へのお問い合わせ

ネットワークインテリジェンス&自動化

ソフトウェアアプリケーション/サービスへのデジタルトランスフォーメーションが、従来のハードウェアの役割を担います。仮想化、クラウド、コンテナ化技術は、専用プラットフォームを使ったサービスを、市販のハードウェアを使用したパブリックやプライベートのクラウドに移行することを可能にしています。こうしたテクノロジーは、調整と自動化のアプローチにおける進歩をさらに培います。

詳細を読む | セールス担当者へのお問い合わせ

ウルトラ・コネクテッドホーム

次世代WiFi 6コネクティビティ搭載のマルチギガビット・ブロードバンドモデム&ゲートウェイ。

自動設定ネットワークエクステンダー、自己最適化ネットワーク、コンシューマーアプリ、クラウド分析などを用いて、家庭でWiFi性能とカバレッジを提供しながら、サポートコストを削減します。

詳細を読む | セールス担当者へのお問い合わせ

ワイヤレスのコンバージェンス

最新の5G導入では、スマートポールを使用したスモールセルが必要となります。これらのポールに搭載される機器の90%が通信関係のものです。 ケーブルとファイバーポートフォリオ、およびアンテナとワイヤレスネットワークを有するコムスコープは、スマートシティの開発とスマートポールインフラを支援するうえで絶好のポジションを確立しています。

詳細を読む | セールス担当者へのお問い合わせ


ソートリーダーシップ

会議前セッション: SCTE•ISBEミッション10G:貴社のネットワークに将来を見据えた機能を導入する。

(別途登録が必要)

9月30日(月)コンチネンタルブレックファスト 7:00 am、セッション 7:45 am - 11:30 am

10Gは、今日幅広く利用されている1 Gbpsを10 Gbpsに高めるブロードバンドテクノロジープラットフォームです。10Gは、対称速度の高速化、遅延の低減、信頼性の強化、計算能力の向上、優れたセキュリティを拡張可能な形でもたらします。

このセッションは、以下に対する答えを提供します。

  • 10Gの技術的な詳細はどのようなものですか?既存のHFCプラントで機能しますか?
  • どのような種類のサービスが10Gの恩恵を受けられますか?
  • 10Gとワイヤレス5Gはどのように競合し、どのように補強し合いますか?
  • 現在のネットワークは、どうすれば10Gネットワークに変えられますか?

パネリスト:トム・クルーナン(コムスコープCTO、ネットワークソリューションズ) およびチャールズ・チーバース(コムスコープCTO、CPE)。 


最前線からのレポート:仮想化の実情

イノベーションシアター @ SCTE(ISBEケーブル-テック・エキスポ)

10月1日(火) @ 3:45-4:15pm(現地時間)

司会進行:   レスリー・エリス(Ellis Edits Inc.およびTranslation-Please.com創業者)

参加者:    トム・クルーナン(コムスコープCTO、ネットワークソリューションズ)およびクリス・ブッシュ(コムスコープCTO事務局エンジニアリングフェロー)。

今回のイノベーションシアターでは、ケーブル業界のパイオニアであるレスリー・エリスが、トム・クルーナンとクリス・ブッシュ(コムスコープCTO事務局)から仮想化の実情を聞き出します。このセッションでは、以下について学ぶことができます。

  • モノのインターネットがどのように家庭に浸透し、大手サービスプロバイダーはどのような「クラウド + エッジ」戦略の選択を問われるか。
  • なぜサービスプロバイダーは仮想化に全力投球しないのか。 (内容のヒント:単一の仮想化アプローチではすべてに対応できない。特にヘッドエンドの場合)。
  • 最前線での成功戦略:誰が何をどれだけ速く実行に移せるか。
  • かつてないほど大きな投資とその見返り:夜も眠れない理由。


リーダーから学ぶ教訓:10Gに向けた最善のネットワーク進化戦略

10月3日(木)SCTEインターナショナルブレックファスト 7:30 - 9:00am

現在、ケーブルプラントの近代化が世界的な現象になっています。過去5年にわたり未来の最前線を担ってきた事業者に話を聞きます。今後10年間に対する戦略の構築に必要な情報を得ることができます。

  • ヨーロッパ(LGI)からオーストラリア(nbn)まで、貴社のネットワークを再構築するために最もスマートなアプローチを紹介します。
  • 市場で無視できない6つのトレンドについて。特にプライバシー、依存症、不公平への関心がどのように消費の矛盾を生み出し、規制当局がどういう面で圧力を受けるかという点を取り上げます。
  • 速度の重要性は続きますが、貴社のネットワークを発展させるうえで遅延が重要なパフォーマンスの指標となりつつあります。
  • 10Gがどのようにギガビットスマートシティへの突破口となるのか、また事業者は必要不可欠な存在になるために何をしているのか。

司会進行:スティーブ・マカフリー(コムスコープ、インターナショナルサービスプロバイダーセールス担当シニア・バイスプレジデント)

パネリスト:リバティ・グローバル - ビル・ワーガ(テクノロジー部門VP)。NBN Co - アンドリュー・バクスター(HFCエンジニアリング、ネットワークエンジニアリング担当ゼネラルマネージャー)。  ANGA - カーステン・エンゲルケ(テクノロジー部門ディレクター)。SCTE - クリス・バスチャン(CTO)。

コムスコープの講演者一覧はブログをご覧ください。