Futurecom 2019

サンパウロ、ブラジル

Informa Exhibitionsが開催する第21回目のFuturecomでは、国際会議とデジタルソリューションの展示を、有意義な交流の機会と関係当局、団体、企業、投資家(中小企業)、起業家、胃のベーターのパートナーシップを築き、堅固なものにするプラットフォームを組み合わせたものです。

最新のテクノロジーと電気通信についてご紹介するこのイベントでは、アプリケーション、サービス、ソリューション、製品、システムのデモと発売に影響を与える様々なチャンスがあります。

イベントの詳細

展示会ブース講演者

ARRISとRuckusがコムスコープの傘下に入り、3社が協力することでこれまでになく幅広いコネクティビティ・ソリューションを提供できるようになりました。コムスコープのイベントページで各種ソリューションをご案内しています。こちらをクリックしてください。

ソートリーダーシップ

5Gネットワーク:ネットワーク・エボリューション・ファイバーの要件と
オプション... 屋内と都市圏での機会

エドゥアルド・イェンドルフ写真

エドゥアルド・イェンドルフ / コムスコープFBA LATAM地域プレジデント兼セールスディレクター

強化したモバイルブロードバンドを提供すべく中南米各地の事業者が5Gネットワークを構築していますが、これらのネットワークは圧倒的なIoTコネクティビティと常に信頼できる重要な通信サービスをすぐに提供しなくてはなりません。 このセッションでは、トレバー・スミスが5Gファイバーの要件について、
それらがLATAMの地域的スペクトラムの状況にどのように当てはまるのかを論じます。また、中南米の事業者向けのFTTH展開への新しいアプローチ、さらに5Gを屋内まで届けるための可能な道筋をご紹介します。

 

 

 

注目のトピック:仮想化とクラウドのゆくえとは?

ヒューゴ・ラモス写真

ヒューゴ・ラモス/コムスコープCALA地域技術責任者

仮想化は、ケーブル会社にとって極めて重要なアップグレードオプションです。しかし、最適な「クレージ(Clege)」、すなわち「中南米の事業者向けのエッジ + クラウドコンピューティング・ソリューション」を構築することは、一筋縄ではいきません。 このセッションでは、コムスコープのCALA地域技術
責任者であるヒューゴ・ラモスが、コンバージド・ケーブル・アクセス・プラットフォーム(CCAP)コアの仮想化した形態、低遅延DOCSIS向けソリューション、ソフトウェアベースのソリューションについて解説します。アップストリームおよびダウンストリームの容量を割り当てて増やそうとしている事業者にとって、有意義な時間と
なることでしょう。