CH3000 光送信機

CH3000 光送信機

前向経路および逆行経路用光送信機

ARRIS CH3000 前向経路および逆行経路用光送信機製品ラインは、業界で最も革新的な光受信機ヘッドエンドプラットフォームの立ち上げポイントとしての役割を担います。ARRISのCH3000送信機は、 ネットワークの拡張、アップグレード、新規構築において、最も広範囲のコスト効率の良いソリューションを提供することで、お客様のアーキテクチャ面におけるニーズを満たします。

詳細

注:仕様は予告なしに変更される場合があります。

HT358xH 1550 nm 4倍密度フルスペクトラムDWDM送信機

  • DWDM送信機:ITUグリッドで最大16波長
  • フルスペクトラムQAM/OFDMローディング用に最適化済み
  • 1.2 GHzで、DOCSIS® 3.1の導入をサポート
  • クラス最高のラック密度:3RU シャーシ1つにつき送信機48個まで収容可、さらに冗長電源および光多重化機能付き
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • 低消費電力
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力
  • 手動制御/自動利得制御(AGC)モード
  • 4倍密度バックプレートのオプションが設置とプロビジョニングを簡素化
  • 詳細はHT3580Hシリーズ4倍密度フルスペクトラムDWDM送信機システム データシートをご覧ください

HT354xH 1550 nm倍密度フルスペクトラムDWDM送信機

  • DWDM送信機:ITUグリッドで最大40波長
  • HT3541H:最大258 MHzのアナログローディング、およびQAMローディング
  • HT3542H:最大552 MHzのアナログローディング、およびQAMローディング
  • 1.2 GHzでDOCSIS 3.1導入をサポート
  • 高いラック密度:3RUシャーシ1つにつき最大24個まで収容可、冗長電源および光多重化機能付き
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • 低消費電力
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力
  • 最大+6 dB対応の内蔵型RF増幅器
  • 手動制御/自動利得制御(AGC)モード
  • 倍密度バックプレートのオプションが設置とプロビジョニングを簡素化
  • 詳細はHT3540H 1.2 GHz倍密度フルスペクトラムDWDM送信機システム データシートを参照

T3562H 1550 nm倍密度フルスペクトラム送信機

  • 外部変調型フルスペクトラム送信機:ITUグリッドで最大16波長
  • 60 km以上の距離をカバーする強力なMERのパフォーマンスは、高次のモジュレーション技術へ移行するマルチシステム事業者に大きな価値をもたらします。
  • 1.2 GHzでDOCSIS 3.1導入をサポート
  • QAM/OFDMのフルローディング、または一部アナログ(最大258 MHz)とQAM/OFDMを合わせた最大1.2 GHzのローディングが可能
  • 外部変調型送信機向けの業界最高のラック密度:3RUシャーシ1つにつき送信機24個まで収容可、さらに冗長電源および光多重化機能付き
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • RF入力等化制御のオプションあり
  • 手動制御/自動利得制御(AGC)モード
  • 倍密度バックプレートのオプションが設置とプロビジョニングを簡素化
  • 詳細はHT3562H 1.2 GHz倍密度フルスペクトラムDWDM送信機システム データシートを参照

AT3572H 1550 nmフルスペクトラム送信機

  • 外部変調型フルスペクトラム送信機:ITUグリッドで最大16波長
  • 100 kmを超える長距離での性能が向上したMERを搭載して強化されたパフォーマンスが、信頼性に優れた高次のモジュレーション伝送の実現をサポート
  • 1.2 GHzでDOCSIS 3.1導入をサポート
  • QAM/OFDMのフルローディング、または一部アナログ(最大552 MHz)とQAM/OFDMを合わせた最大1.2 GHzのローディングが可能
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力
  • 手動制御/自動利得制御(AGC)モード
  • 詳細はAT3572H 1.2 GHzアナログ外部変調型フルスペクトラム送信機データシートを参照

AT3552H 1550 nmフルスペクトラム送信機

  • 外部変調型フルスペクトラム送信機
  • 優れたSBS抑制機能(20 dBm)。強化型HFC、RFoG、PON、FTTH方式の強力な光ファイバーの立ち上げに最適。
  • 1.2 GHzでDOCSIS 3.1導入をサポート
  • アナログ(46〜258 MHz)とQAM(258〜1218 MHz)を合わせたローディング、またはQAM/OFDMのフルローディングに合わせて最適化済み
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力
  • 手動制御/自動利得制御(AGC)モード
  • 詳細はAT3552H 1.2 GHzアナログ外部変調型フルスペクトラム送信機データシートを参照

AT3545G 1550 nmフルスペクトラムDWDM送信機

AT3545G高性能1 GHz送信機は、ケーブルネットワークをDWDM波長最大40 のQAMフル性能へとグレードアップさせ、将来のCCAP導入に向けたシームレスな移行を可能にします。AT3545G送信機は次の2つのアプリケーション向けに最適化されています:

  • 高/全QAMローディングへの移行に最適な軽いアナログローディング(最大258 MHz)とQAMローディング(最大1002 MHz)
  • アナログ(最大552 MHz)とQAMを合わせた最大1002 MHzのローディングが可能 - ノードのセグメント化に最適

AT3553およびAT3554 1550 nmのブロードキャスト送信機

ARRISのAT3550シリーズ1 GHz外部変調型送信機は、チャンネルローディングのさまざまな要件に対応できるよう最適化済み。ブロードキャスト(増幅と分割)および長距離分割帯域などのアプリケーションに対応

  • AT3553は最大65 kmのリンクに対応(調節可能なSBS抑制、65 kmで16 +/- 2 dBm)
  • AT3554は最大100+ kmのリンクに対応(調節可能なSBS抑制、100 kmで14 +/- 2 dBm)
  • 100 GHz ITU DWDMグリッドで最小9.5 dBmの光出力
  • 3スロット設計で、CH3000シャーシ・プラットフォームに設置可能

HT33xxH 1310 nm倍密度送信機

  • 3~15 dBのリンクロス許容量に対応するモデルあり
  • 1.2 GHzでDOCSIS 3.1導入をサポート
  • クラス最高のラック密度:3RU シャーシ1つにつき送信機24個まで収容可、さらに冗長電源および光多重化機能付き
  • ホットプラグ-イン/アウト、個別に交換可能な送信機モジュール
  • 低消費電力
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力
  • オプティカル自動利得制御 (AGC)
  • 詳細はHT3300H 1.2 GHz倍密度1310 nm送信機システム データシートを参照

AT3300G 1310 nm標準性能送信機

ARRISのAT3300Gシリーズ1 GHz送信機は、AGC付きデュアルRF入力を搭載。

  • 3~15 dBのリンクロス許容量に対応するモデルあり
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力

AT3300L 1310 nm LcWDM送信機

ARRISのAT3300Lシリーズ1 GHz送信機は、シングル1310 nmのフォワードパスファイバーを8波長のスーパーハイウェイへと変換するため、30 kmまでのサービスエリアでの使用に最適です。

  • 6~12 dBmで複数の出力
  • ブロードキャストとナローキャストの両入力を組み合わせるのに最適なデュアルRF入力バージョン
  • AGCを標準搭載

DT3550Nデジタル・リターン送信機

  • 2つのRFリターンセグメントを、1つの光リターンパス("2-fer")へと多重化
  • プラグ式SFP対応のため、光出力の選択が柔軟に。100 GHz ITU DWDMグリッド、CWDMグリッド、1550 nm、1310 nm から選択可能。
  • RFリターンの帯域幅
    • 5~100 MHz

アクセス・テクノロジー・リソース・センター では、マニュアルやクイックガイド、データシート、ビデオなどをご覧いただけます。

関連リソース

データシート

その他