スマートメディアデバイス

スマートメディアデバイス

音声と視覚によるヘルプ、メディアプレーヤー、そしてIoT対応の多機能デバイスによりエンターテイメントとホームサービスの配信方法を変革

スマートメディアデバイス(SMD)は、よりシームレスに統合されたコンシューマー・エクスペリエンスを通じて、エンターテイメントの視聴や情報の入手、コネクテッドホームとのやりとりに変化をもたらします。

スマートメディアデバイスは複数のデバイスを一つにまとめることで、混雑した状態を解消し家庭内のWiFiデバイスの数を減らします。また、さまざまなサービスの配信に対する柔軟性も向上し、複数のデバイスを個別に使用するよりも経済的です。
   

メディアプレーヤー

すべてのメディアソースを対象とした検索機能をはじめとする一貫したエクスペリエンスとともに、ライブTV、OTT、オンデマンドなど顧客が望むあらゆるコンテンツを配信します。

音声と視覚によるヘルプ

TVを使用して視覚効果を高めつつ、遠距離対応マイクとスピーカーでGoogle AssistantやAmazon Alexaなど一般的な音声アシスタントサービスを利用できます。また、音声リモートコントロールなど事業者固有のサービスにも対応します。

TVの電源オン、チャンネルの変更、コンテンツの検索が音声だけで操作できます。スピーカーがあれば、TVの電源がオフでも音声アシスタント機能を使用することができます。

一般的にTVは、家の中で最も頻繁に使用されるエリアに置かれています。これは音声アシスタントにとっても理想的な場所であり、それらを組み合わせたデバイスにも最適です。

ホームIoTハブ

音声アシスタントの主な活用法の一つに、照明や暖房といったホームIoTサービスの操作と管理があります。このためSMDは、家庭の管理において中心的な役割を担いつつあります。サービスプロバイダーは、家庭での健康、ネットワークセキュリティ、教育、その他の関連サービスを提供することができます。

IoTデバイスコネクティビティ用Bluetooth® LE装備(オプションでZ-Wave®、Zigbeeラジオ)。

複数のHDMI入力

SMDをTVの主なHDMIポートに接続、またはSMDを介して他のホーム・エンターテイメント・デバイスを接続することにより、サービスプロバイダーは家庭でのコンシューマー向けエンターテイメントおよびエクスペリエンスをまとめて提供することができます。

たとえば、ゲーム機でゲームをする際に、ユーザーはゲームの視覚オーバーレイと合わせて音声アシスタントを使用することができます。また、事業者のコンテンツが始まる際に、TVにポップアップで通知を表示することも可能です。

充実のUXおよびアプリ環境

サービスプロバイダーは、Android TV™、RDK、KreaTV®など任意の汎用ソフトウェアプラットフォームと高性能プロセッサを組み合わせることにより、ユーザーエクスペリエンスの革新と差別化を図ることができます。

     
スマートメディアデバイスは、高価値のホームサービスとともに、小売チャネルを通じてコンシューマーが直接購入するオプションを提供することで、サービスプロバイダーのビジネスモデルに変化をもたらします。

特徴

スマートメディアデバイス

  • マルチサービスIPビデオストリーミング
  • 4K UHD / HDR、HEVC
  • 統合された遠距離対応マイクおよびスピーカーによる音声アシスタント
  • イーサネットおよび802.11ac WiFi接続
  • リモートおよびIoTデバイス向けBluetooth LE
  • Android TV™、RDK、およびKreaTV™対応
  • オプションの付属品として、統合型の100Wサウンドバーおよび200Wサブウーファーあり
  • 3 HDMI入力、1 HDMI出力(ARC)のオプション
  • TFTディスプレイおよびタッチセンサー式コントロールボタンのオプション

関連情報

プレスリリース

関連製品

Android TV™向けビデオデバイス
Android TV™向けビデオデバイス
Android TV Operator Tierのセットトップボックス・ソリューション
ARRIS KreaTV®向けビデオデバイス
ARRIS KreaTV®向けビデオデバイス
ARRIS KreaTVソフトウェアプラットフォーム向け電気通信/ケーブル/ OTTセットトップボックス