E6000nリモートPHY

E6000nリモートPHY

DOCSIS®およびQAMビデオ向け分散型アクセスモジュール

オールデジタルヘッドエンドの分散型アクセスアーキテクチャ(DAA)に向けた絶え間ない進化のなかで、その新たな一歩が、ヘッドエンド/ハブのデジタル領域を光ファイバーノードまで伸ばし、デジタル/RFインターフェースを光/同軸の境界に立たせています。これは戦略的な動きとも言えるもので、多くのメリットが期待されています。帯域幅の容量拡大、ファイバーの効率化(波長、距離)、デジタル光学によるプラントオペレーションの簡素化、施設スペースおよび電力システムの負荷低減、将来のNFV/SDN/FTTxシステムの方向調整などはその例です。

ARRISでは、CCAPコアとリモートPHYデバイス(RPD)双方をCableLabs®モジュラー・ヘッドエンド・アーキテクチャ(MHAv2)の中で定義し、提供しています。このアプローチでは、PHYレイヤーをCCAPからノードまたはリモートシェルフに移し、MAC処理、プロビジョニング、監視の各機能はヘッドエンド内に残したままにしています。

E6000® CCAPコアはGen 2 E6000ハードウェアプラットフォーム(E6000 シャーシ、RSM-2、DCAM-2、UCAM-2)で稼働します。RPDは、既存ARRISノードのアドインモジュールとして使用します。ARRISでは、OM6000ファイバー・ディープ・ノード向けE6000n RPD、NC4000/NC2000ノード向けE6000n RPD、リモートPHYシェルフ向けE6000n RPD、の3つのRPDフォームファクターに対応しています。

RF信号の生成をヘッドエンド内ではなく光ファイバー・ノードで行えば、次のようなことがコスト効率よく可能になります。

  • プラントの信号の品質向上
  • ファイバーの利用およびリーチの拡大
  • サービスグループのヘッドエンドの高密度化
  • ヘッドエンドの省スペース/省エネ
  • デジタル光学を利用してプラントメンテナンスを簡素化
  • イサーネットスイッチと光学にデータセンターのスケールメリットを利用して伝送コストを削減

DAAのアプリケーションには次のようなものがあります:

  • DOCSIS 3.1対応を目的としたプラントアップグレード
  • ハブの統合
  • ヘッドエンドの拡張を必要としないファイバー・ディープ導入
  • 長距離リンクのためのDWDM光学応用
  • 小規模ハブでのデータサービス対応
  • US/DS分割または最高周波数の変更を目的としたロジスティクス簡素化

詳細

注:仕様は予告なしに変更される場合があります。

E6000n RPDには次の3タイプがあります:

  • OM6000光ファイバー・ノード・ハウジング向けE6000n RPD
  • NC2000/NC4000光ファイバー・ノード・ハウジング向けE6000n RPD
  • リモートPHYシェルフ向けE6000n RPD

小規模のハブサイトやキャビネットベースのアーキテクチャを持つ事業者にとって、リモートPHYシェルフは電源に関わる要件を全体的に最適化し、ダウンストリーム・サービスグループ最大3つとアップストリーム・サービスグループ最大6つへの対応を可能にします。

 OM6000向けE6000n RPDNC2000/NC4000向けE6000n RPDリモートPHYシェルフ向けE6000n RPD
構成 1 DS-SG x 1 US-SG 1 DS-SG x 1 US-SG 1 DS-SG x 1 US-SG
1 DS-SG x 2 US-SG
周波数範囲  DS: 54〜1218 MHz
US: 5〜204 MHz 
DS: 54〜1218 MHz
US: 5〜204 MHz 
DS: 54〜1218 MHz
US: 5〜204 MHz 
動作温度  -40°C 〜 +60°C(ノード)  -40°C 〜 +60°C(ノード)  確認中
出力(ノード)  64dBmV(1218MHz / 22dB チルト)  60dBmV(1218MHz / 22dB チルト)  DRFI
電源(ノード)  <160W AC  75W AC / 150W AC  確認中

関連情報

Stofa、ARRISのテクノロジーを採用したヨーロッパ初のリモートPHYネットワークを提供開始

ブログ記事

関連製品

E6000コンバージド・エッジ・ルーター
E6000コンバージド・エッジ・ルーター
統合型、DAA、10G EPOのためのフレキシブルでアップグレード可能なCCAP™...
E6000rリモートPHYシェルフ
E6000rリモートPHYシェルフ
最大3つのリモートPHYデバイス(RPD)を搭載可能な2RUシェルフ
NC2000シリーズ光ノード
NC2000シリーズ光ノード
1.2 GHz 1x1、1x2、2x2のセグメント化可能ノード - ファイバー・ディープまたは...
NC4000シリーズ光ノード
NC4000シリーズ光ノード
1.2 GHz 4x4セグメント化可能ノード - ファイバー・ディープまたはHFC
OM6000 Opti Max光ノード
OM6000 Opti Max光ノード
1.2 GHz 4x4セグメント化可能ノード - ファイバー・ディープまたはHFC
DAA向けICX IPスイッチ
DAA向けICX IPスイッチ
リモートPHYのCIN向けイーサネットスイッチ