コンバージド・ビデオ・エクスチェンジCVEx

コンバージド・ビデオ・エクスチェンジCVEx

ARRISコンバージド・ビデオ・エクスチェンジ(CVEx™)は、統合型コントロールプレーンとしてビデオコンバージェンスの必要性に対応するインテリジェントなソフトウェア・コントロールプレーンです。複数のアプリケーションやRFおよびIPスペクトルをカットし、すべてのビデオサービスを配信する
単一のコンテキストを提供します。


迅速なサービス導入と収益化

論理的にビデオネットワークの中心に位置するCVExは、すべてのビデオセッションとサービスの作成ならびに配信を制御します。CVExは、内蔵(埋め込み)セッションマネージャまたは外部セッションマネージャーにリソースを提供することができます。すべてのビデオ・サービス・リクエストは直接または間接的にCVExに送信され、CVExはビデオサービス実行のためのインテリジェントなコントロールセンターとなります。

CVExは、必要なネットワークリソース(QAMキャリア、暗号化リソース、パーソナライズされたスプライシングリソースなど)を割り当て、ビデオセッションを作成するためにエッジリソースと通信します。また、CVExは、統合広告バックオフィスとキャンペーンを可能にするSCTE130インターフェースを使用して、高度な広告システムに統合インターフェースを提供します。


IPTVへのスムーズな移行

CVExは、すべてのナローキャストQAMリソースをエッジリソースの単一プールとして扱い、エッジデバイスの機能とセッションマネージャーのリクエストに基づいて、RFとIPビデオセッションの両方に適用します。サービスグループ内の視聴者は、RFからIPへの移行のためにデバイスを交換したり、配線のやり直しや再設定の必要はありません。CVExは、エッジデバイス上に適切な属性を備えたセッションを自動的に作成し、各エッジデバイスの機能に基づいてエッジデバイスとQAMでセッションを共有します。

特徴

  • SDVにより、20 SDV QAMまたはそれ以下の環境で200 SDと120 HDを切り替え、あらゆる実装において70%超の帯域幅を節約(オーバーサブスクリプション3:1)
  • 加入者に影響を与えることなく、SDVをわずか60日で導入。SDV実装の監視、管理、最適化を簡単かつ効果的に行う最高品質のツールを提供 
  • CVExがビデオの制御プレーンを一元化し、複数のネットワークやCPE技術におけるビデオのコンバージェンスを実現
  • IPベースのビデオへの移行やマルチスクリーン配信、全加入者デバイスへの新しいビデオサービスの迅速な展開をサポート
  • ビデオ制御プレーンおよびネットワーク最適化に関して実績あるARRISの専門知識を活用

 技術トレーニング - ARRISトレーニングカタログのCVExトレーニングを参照してください。

関連リソース

データシート