DigiCipherイベントマネージャー(DEM)

DigiCipherイベントマネージャー(DEM)

ARRISモジュラー・アップリンク・システムのためのイベントトリガ管理

DigiCipherイベントマネージャー(DEM)はモジュラー・アップリンク・システムの重要な部分となるもので、サテライト/ファイバー通信によるビデオサービスの安全性を守るために使用します。 DEMは、ローカルイベントをトリガするIRDアナログ・キュー・トーンおよびSCTE-35デジタルスプライス挿入メッセージの生成、管理、制御を行います。スプライス挿入メッセージはDEMから直接送信されますが、IRDアナログ・キュー・トーンはDEMから送信されたハードウェア制御メッセージにより発信されます。

DEM GUIでは、あらかじめ設定されたスケジュールやRS-232コマンド、入力GPIトリガによってトリガされるスクリプトを作成・管理することができます。DEMにはリターンパス・メッセージ監視オプションがあります。また、トラップを外部から監視する総合的なSNMP MIBも含まれています。DEMは1つのシャーシ、あるいは1:1の冗長構成での運用が可能です。

特徴

  • 最大96の固有GPIトリガ入力に対応
  • DigiCipher II HCM(DTMFトーンまたは接点開閉)によるアナログ層の配信をサポート
  • DPI基準(SCTE-35)に基づいたメッセージ作成機能
  • 冗長電源搭載の1-RUシャーシ

 技術トレーニング - ARRISトレーニングカタログのDigiCipherイベントマネージャー・トレーニングを参照してください。

関連製品

モジュラー・アップリンク・システム
モジュラー・アップリンク・システム
衛星を介したビデオサービスのプライマリ配信を保護...