MultiTrust™高度著作権管理

MultiTrust™高度著作権管理

コンテンツの管理と保護における完全な制御と柔軟性

ARRIS MultiTrust™高度著作権マネージャーは、同じヘッドエンド内でARRIS TITANIUM CAS、ARRIS SECUREMEDIA®、そして複数の業界標準DRMテクノロジーを橋渡しする有料テレビ管理プラットフォームです。

ARRIS MultiTrust™高度著作権マネージャーは、拡張可能なヘッドエンドアーキテクチャで設計されており、複数のコンテンツ保護テクノロジーをひとつのインターフェースセットから管理できます。これにより、バックオフィス管理システムに必要な統合の数を制限し、既存のサービスに影響を与えることなく追加のセキュリティメカニズムを導入できるため、運用コストを大幅に削減できます。

ARRIS MultiTrust™高度著作権マネージャーは、長期的に将来を見据えた包括的な復旧・移行オプションを提供します。

特徴

加入者モデリング

  • 顧客に著作権を付与します
  • その時点で顧客が使用しているデバイスのエンタイトルメントとライセンスを自動的にマッピング

コンテンツモデリング

  • ポリシーの概念を使用する柔軟なモデル。事業者は、加入者がコンテンツのパッケージをどのように消費するか定義できます。
  • 次に、ポリシーエンジンが、導入されているDRMシステムに対応するDRMルールにマッピングすることで、これをデバイス上に実装します
  • シンプルな従来のCAS環境を維持しながら、コンテンツの著作権を管理するパワフルで柔軟なアプローチ
  • 事業者にトランスペアレントなマルチDRMの運用が可能

モジュール型の拡張可能アーキテクチャ

  • 必要に応じてコンポーネントを追加可能
  • 加入者データやサービスの複製が不要
  • ブロードキャストソリューション (ARRIS TITANIUM CAS) として導入後、OTT DRMサービスを追加でき、その逆も可能です。
  • 複数のDRMを同時にサポート:ARRIS SECUREMEDIA®、 Apple® FairPlay、Google Widevine™、Microsoft® PlayReady®、HTML5 EME機能対応のPC/MAC®ブラウザ

復旧・移行オプション

  • モジュール型のアーキテクチャで、顧客データの再構築や複製をせずに、障害が発生したシステムにアップデートを導入することができます
  • 旧バージョンと新バージョンを同時に実行可能
  • モジュール型のアーキテクチャにより、必要に応じてあるDRMから別のDRMへの移行が可能

詳細

注:仕様は予告なしに変更される場合があります。

ARRIS MultiTrust™高度著作権マネージャーは、著作権管理の大幅な簡素化を可能にする加入者およびコンテンツ用の高度なモデリングインターフェースを提供します。ビジネス領域とテクノロジー領域の間に架け橋を設けることで、ライセンスやコンテンツ所有者が義務付けているDRMビジネスルールの複雑性を排除しながら、加入者・クライアント・エンタイトルメントに基づく有料テレビ・ビジネスを継続して管理できるようにします。

高度著作権管理を提供するために、ARRISでは、加入者モデルとコンテンツモデルを導入しています。これは、事業者がコンテンツを販売するのと同じ方法でセキュリティを管理できるようにするもので、次のようなことが可能になります。

  • ARRIS MultiTrust高度著作権マネージャーにより、事業者は、コネクテッド・ホームとそれを構成するデバイスを定義できます。
  • ポリシーは、ルールを作成することで定義でき、これは、どのデバイスで消費されるかに関係なく、パッケージ化されたコンテンツの販売方法と一致します。必要に応じて、コンテンツ消費の制限をデバイスの種類ごとに定義することもできます。
  • ARRIS MultiTrust高度著作権マネージャーは、有料テレビプラットフォームにおけるコンテンツ利用状況レポートのための明確なソースを有効にする単一のセキュリティプラットフォームを作成します。

関連リソース

データシート

関連製品

TITANIUM CAS
TITANIUM CAS
シームレスなDVBブロードキャストおよびIPネットワーク向けコンテンツ・セキュリティ
SECUREMEDIA®
SECUREMEDIA®
受賞歴を誇る、高度なコンテンツと収益保護ソリューション