ブロードバンドおよびビデオデバイスの展開サービス

加入者のブロードバンドおよびビデオデバイスでROIを最大化するサービス

業界をリードするARRISのソフトウェアエンジニアやソリューションアーキテクト、プロジェクトマネージャー、そしてテストや検証のエキスパートが、直感的で一貫性のある最適化された体験を加入者に提供できるよう、お客様のCPEポートフォリオのカスタマイズをサポートします。

新しいブロードバンドやデバイスを業務に統合する場合でも、あるいは既存のものを活用して現在のサービスに対応する場合でも、ARRISの専門知識、人材、プロセス、施設をご活用ください。CPE開発および統合プロジェクトについて、アドバイスやコンサルティング、開発、セキュリティ、カスタマイズ、そしてテストをご提供します。


ARRISブロードバンドおよびビデオデバイスサービスの内容:

デバイスの適合および最適化

ユーザー体験の機能を追加または強化するサービスです。既存の顧客デバイスに対する投資を無駄にすることなく、進化し続けるユーザー体験の需要に対応し、加入者を維持できるようARRISがサポート。設計とコンサルティング、ソフトウェア開発、テストと検証、メンテナンス、サポート、そしてプログラム管理の各種サービスを提供します。
   
ActiveVideoは既存のデバイスを最適化する一つのアプローチです。 当社はお客様と連携しながらActiveVideoをお客様のバックオフィスシステムとセットトップクライアントに統合し、さまざまなレガシーデバイス上のHTML5ウェブページを介してユーザーインターフェースを最新の状態にします。

テストおよび検証サービス

経験豊富な当社のテストエンジニアは、これまでに数百件ものサービスプロバイダー向けテストプロジェクトを成功に導いてきました。ARRISはカスタマイズしたツールや特化した自動化機能を用いて、実績ある最高品質のテストアプローチを提供します。CPE統合プログラムにおけるARRISの技術的な専門知識と経験は、お客様のソリューションの統合テスト、ユーザー体験、そしてパフォーマンステストにおける当社の優位性を際立たせています。また、お客様の施設のスタッフ増強、テスト計画の提供やコンサルティング、世界中にある当社のラボ施設での開発と実施も可能です。 

カスタムソフトウェア開発

新しいソフトウェア機能の開発に必要な専門知識がなかったり、他の戦略的プロジェクトに忙殺されていたりすることはよくあります。 ARRISのソフトウェア開発チームは、ブロードバンドとビデオのサービスプロバイダー固有の課題に重点を置いた比類のない技術的スキルとツールを提供する点において、独自のポジションにあります。またARRISは、お客様が希望するツールを選択・使用し、お客様が希望する方法に合わせ、お客様と協力しながら優先順位の共有や進捗状況の追跡を行い、必要に応じて調整して望む結果を引き出せる点において優れています。

Android TVサービス

ARRISは、Android TV Operator Tier導入時のセットトップボックスの統合・展開をサポートする総合的なサービスを提供しています。 Android導入によるビジネスへの影響や、Android TVと事業者の環境を統合するポイントなど、Android TVと他のプラットフォームとの比較検討をお手伝いします。

エレメント統合

エレメントは、ビデオ導入ソリューションの開発を促進するため、全体または一部として使用できるコンポーネントを含む一連のミドルウェアシステムです。エレメントのコンポーネントには、ユーザーインターフェース、組み込みデバイス用ミドルウェア、ヘッドエンドメタデータ配信システム、そしてさまざまなバックオフィスおよびサードパーティーの統合が含まれます。ARRISは、ティア1のエンゲージメントで開発された技術とソリューションを、他のセットトップボックス・プラットフォームやビデオ技術を再利用する自社のソフトウェアならびに統合の専門知識と併せて活用することができます。


ソフトウェア開発サービス

 

CPEサービス - 多数のデバイスすべてに共通のユーザー体験を実現

ケーススタディ

多数のデバイスすべてに共通のユーザー体験を実現

数百万の顧客を持つあるケーブル事業者は、マルチベンダーのセットトップボックス環境を使用していました。老朽化した機器の処理能力では、最新のリッチなユーザー体験に対応できません。そのため、ちぐはぐなまとまりのないCPE環境全体で、一貫性のある外観と使用感を持つ次世代のインターフェースを提供する必要がありました。

この事業者はクラウドを活用し、HTML5でユーザーガイドを提供できるようになりました。この革新的なアプローチでは、既存のセットトップボックス・デバイスを活用しながら、加入者に新しい機能を提供します。しかし、これを実現するには、セットトップボックスのさまざまな組み合わせや、バックエンドおよびヘッドエンドの独自の構成をすべて統合しなければなりませんでした。また、それぞれの市場に合わせて大規模なカスタマイズも避けられませんでした。

そこでこの事業者は、改善したユーザーガイドを多数の市場でリリースするため、ARRISにサポートを求めました。ARRISは、DevOpsやネットワークエンジニアリング、クラウドの自動化、セットトップボックスの検証を専門とするシニアアーキテクトとエンジニアを担当に割り当て、この事業者に不足している人材を補いました。このケーブル事業者は、ARRISが提供したリソース、専門知識、柔軟な労働力を活用することで、約1年ですべての市場にリーチするという目標を達成することができました。