E6000アドバンスト・トラブルシューティング・スイート

より高度で実践的なトレーニングが、さらに柔軟に

コムスコープが、E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・トレーニング・スイートの更新された柔軟なフォーマットをリリースしました。このスイートは、eラーニングと実践的なトレーニングをユニークに組み合わせたもので、時間を最大限に生かしながらARRIS E6000における実用的な問題解決のための専門知識が習得できるようになっています。またコースの組み合わせが柔軟なため、短時間集中型の学習が可能です。

スイートには5組のコースがあります。それぞれが、オンラインコースと講師主導型のセッションで構成されています。講師主導のセッションは、当社トレーニングラボで半日かけて実践的なトラブルシューティングを行い、現実のシナリオを想定して問題解決に取り組みます。DOCSIS 3.1のアップデートも内容に含まれます。

新しくなったE{[#0] アドバンスト・トラブルシューティング・スイートのコース構成:

E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャル

  • E6D300E: E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャル - eラーニング
  • E6D300L: E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャル - ラボ

E6000 CERケーブルモデムの登録

  • E6D301E: E6000 CERケーブルモデムの登録 - eラーニング
  • E6D301L: E6000 CERケーブルモデムの登録 - ラボ

E6000 CERサービスの盗用

  • E6D302E: E6000 CERサービスの盗用 - eラーニング
  • E6D302L: E6000 CERサービスの盗用 - ラボ

E6000 CER RF障害 - eラーニング

  • E6D303E: E6000 CER RF障害 - eラーニング
  • E6D303L: E6000 CER RF障害 - ラボ

E6000 CER容量/帯域幅のトラブルシューティング

  • E6D304E: E6000 CER容量/帯域幅のトラブルシューティング - eラーニング
  • E6D304L: E6000 CER容量/帯域幅のトラブルシューティング - ラボ

学習形態

eラーニングとラボ(両方)、またはeラーニングのみの2通りの学習形態があります。

eラーニングとラボ(両方)

アドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャルのコース:eラーニング(E6D300E)とラボ(E6D300L)を修了した後は、他のモジュールをいくつでも受講可能です。

モジュールのeラーニングを先に受講してからラボのモジュールにお進みください。

eラーニングのみ

アドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャルを修了した後は、他のeラーニングコースをいくつでも受講可能です。

コース内容

E6D300E: E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャル - eラーニング
TRN-E6D300E-005
$250
E6000 CERのトラブルシューティング技術を学習するためのeラーニングコース。使用する標準コマンド、E6000 CERのトラブルシューティングのアプローチ方法、使用可能なトラブルシューティングツールおよびリソースについて取り上げます。DOCSIS 3.1の基本原則も確認します。

E6D300L: E6000 CERアドバンスト・トラブルシューティング・エッセンシャル - ラボ
TRN-E6D300L-001
$500
講師(実在の人物または仮想)主導型の実践的なラボコース。E6000 CERのトラブルシューティング技術や、DOCSIS 3.1などに対する基本的なトラブルシューティングの標準コマンド情報を扱います。ラボを通じて受講者の現在の環境の見極め、サービスノード分割の処理を実施します。

E6D301E: E6000 CERケーブルモデムの登録 - eラーニング
TRN-E6D301E-005
$250
このeラーニングコースでは、ケーブルモデムを登録するためのプロセスと、DOCSISケーブルモデム1.x、2.0、3.0、3.1の各バージョンの機能的な違いのほか、レンジング、登録、ケーブルモデムのリセットで問題となり得る事柄を的確に特定する方法について取り上げます。また、DOCSIS 3.1との相違点についても触れます。

E6D301L: E6000 CERケーブルモデムの登録 - ラボ
TRN-E6D301L-001
$500
講師(実在の人物または仮想)主導型の実践的なラボコース。ケーブルモデムを登録するためのプロセスと、コマンドやトレースログを使用して登録に関わる問題の発生箇所を特定する方法を解説します。ラボを通じて、登録の各段階で起こり得るモデムの問題について学びます。

E6D302E: E6000 CERサービス盗用の防止 - eラーニング
TRN-E6D302E-005
$250
このeラーニングコースでは、モデムのクローニング、またはモデムの有効な設定ファイルの再使用など、CATVネットワークで起こり得る典型的なサービス盗用の方法を解説します。本コースでは、ケーブルネットワークにおける上記のような、またはその他のタイプの盗用を防止するために、E6000 CERの機能を使ってどのような設定ができるのかを検証します。このコースではDOCSISに関する問題のみを扱います。

E6D302E: E6000 CERサービス盗用の防止 - ラボ
TRN-E6D302L-001
$500
仮想または実在の講師が指導する実践的ラボコース。サービス盗用の一般的な手口について取り上げます。ラボを通じてケーブルモデムのサービスレートの確認、サービス盗用の攻撃があったどうかのチェック、モデムを不正モデムリストに載せる方法、ケーブルフィルターの作成、トレース・スニフを使用した攻撃の有無のチェックのほか、TFTP強化、ダイナミック・シェアード・シークレットなどのセキュリティ機能の追加設定について解説します。

E6D303E: E6000 CER RF障害 - eラーニング
TRN-E6D303E-005
$250
このeラーニングコースでは、ノイズやゆがみ、電力に関する問題をはじめ、CATVネットワークで発生する一般的なRF障害について学びます。本コースでは、これらの障害について、またそれがE6000 CERでどのように報告され、評価されるかを検証し、緩和方法について解説します。このコースで取り上げるのは、DOCSIS 3.1原則を含む、DOCSISに関する事柄のみです。

E6D303L: E6000 CER RF障害 - ラボ
TRN-E6D303L-001
$500
実在または仮想の講師が指導する実践的ラボコース。ノイズやゆがみ、電力に関する問題などのRF障害を取り上げます。ラボを通じて、ノイズ/電力レベルの確認、レンジングおよびボンディングの問題の追跡方法、アップストリーム/ダウンストリーム・スペクトラム分析の使用方法、出入キャンセル/事前等化について学びます。

E6D304E: E6000 CER容量/帯域幅のトラブルシューティング - eラーニング
TRN-E6D304E-005
$250
このeラーニングコースでは、CATVネットワークで発生する容量や帯域幅に関する問題をタイプ別に解説します。障害のあるアップストリーム/ダウンストリームのトラフィックの問題を特定して解決する際に役立つ、コマンドとツールについて検証します。このコースで取り上げるのは、DOCSIS 3.1原則を含む、DOCSISに関する事柄のみです。

E6D304L: E6000 CER容量/帯域幅のトラブルシューティング - ラボ
TRN-E6D304L-001
$500
仮想または実在の講師が指導する実践的ラボコース。アップストリームおよびダウンストリームでトラフィックの障害が疑われる際に、それを特定するコマンドおよびツールについて学びます。使用帯域幅と実際の使用状況の確認、ボンディングされた障害のあるモデムの特定、QoS設定の検証を行います。

アドバンスト・トラブルシューティング・スイートについてのより詳しい情報や、コースへのお申し込みをご希望の場合はARRISアカデミーをご覧ください。

2019年6月4日